マンション

  

縛りがない

リビング

注文住宅を利用する場合には、自由設計に対応している設計事務所などを活用することが重要となっています。自由設計の中には、部屋の間仕切りを自在に行えるように設計する方法が存在しています。 このような自由設計を利用すれば、移動式のクローゼットなどを活用して、必要に応じて部屋の規模や部屋数を変更していくことができます。そのため、子供や両親と同居するために注文住宅を利用する場合には、自由設計よって部屋の間仕切りを自在に変更する方法に高い利用価値があります。また、頻繁に模様替えを行って、生活空間を変化させていきたい方にも、自由設計がお勧めとなります。 このように、自由設計を利用すれば、部屋の間仕切りなども自在に行っていくことが可能です。

注文住宅を建てようと考えた時に、自由設計という宣伝文句をよく目にすることがあります。 最初から決まった間取りではなく、建て主の希望を取り入れて建てる、というのが本来の自由設計の意味のはずですが、実際にはそうではないケースも多くなっています。 ハウスメーカーや工務店などが自由設計と言う場合、その多くが、構造や工法、仕様などは、あらかじめ選択肢がほとんど決まっていて、その決まった選択肢の中から、建て主に選んでもらうという方法を指しています。 これぐらいの自由で十分という建て主にとっては、それでいいのですが、もっといろいろな夢や希望を思い描いていた建て主にとっては、少ない自由に不満を感じることもあるようです。 そうした方々は、このようなあらかじめ決まった制約がなく、本当の意味での自由設計の注文住宅を建てることが可能な、設計事務所へ相談してみるのがいいでしょう。